RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

蔵六庵・所長日記

蔵六庵の所長が綴る日々の事柄。
<< こ、これはヒドイ。。 | main | 2013年07月19日のつぶやき >>
“命を懸けてTPPを阻止する
0
     

    龍ちゃんさんの日記

    岩上保身氏(IWJ)の山田正彦氏(元農水相・反TPP)へのインタビュー内容

    2013/07/14 “命を懸けてTPPを阻止する” 山田元農水相、魂の叫び 〜 岩上安身による みどりの風 比例区候補・山田正彦氏 インタビュー映像
    http://iwj.co.jp/wj/open/archives/90523


    この映像によって、TPPを推進する政治家の思惑や置かれた立場、そしてTPPの狙い、その真相を理解する必要があると思います。民主党政権時代の農水大臣であった山田正彦氏の発言に注目です。

    ウィキデータ
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E7%94%B0%E6%AD%A3%E5%BD%A6_(%E6%94%BF%E6%B2%BB%E5%AE%B6)

    山田正彦プロフィール
    http://www.yamabiko2000.com/modules/tinyd0/

    公式サイト
    http://www.yamabiko2000.com/


    《》要旨《》

    民主党農水大臣として「TPPを慎重に考える会」を立ち上げて、2年半の間TPP加盟推進派の岡田克也、前原誠司等と対峙してきた。
    しかし、昨年12月の解散総選挙の時点で、民主党執行部から「TPP参加推進に署名しなければ公認は出せない」と言われ、民主党から離党した。

    この参院選挙を前に、反TPP・脱原発で、みどりの党、生活の党、山本太郎、等と一緒になろうと模索したが難しかった。

    かつて農水大臣の時に、米国通商代表部に「アメリカは日本に何を要求するのか」質問したところ、彼らは「米韓貿易協定を良く読んでください。それ以上の事を日本に求めます」言いました。

    韓国では、豚一頭育てて出荷すると一頭につき1万円の赤字が発生している。事業が成り立たなくなっている。

    TPPに参加すると、米国やベトナムから、コメが60kg1000円〜2000円で
    入ってきます。

    まず畜産業がはじめにやられます。
    コメ農家も全滅します。もっと怖いのは、ペルーでのTPP会合で、遺伝子組み換え表示をしないというのが米国から提案され、ほぼ決定です。

    さらに、原産国表示もさせないと。
    米国の成長ホルモンをふんだんに使った食肉や乳が入ってきます。

    成長ホルモン漬けの牛肉の弊害は、いろいろな説がありますが、ガンになり
    やすくなるというのが一番有力です。
    なかなかメディアや政府は認めようとしませんが、人体に害がないわけがない。

    次のマレーシア会合で話し合われると言われているのが、『インターネットの規制』です。

    『どうやって規制するのか?』(ロリ・ワラックさんに)聞くと、『著作権法で規制する』と。

    自公が言っていること――『TPPに参加するべきだ』『聖域は守る』『攻めるべきは攻め、守るべきは守る』。
    これはできる?できない!

    岩上氏
    「日本は何をもってそこまで米国から脅されているの
    ですか?」

    山田氏
    「(TPPに)反対する政治家は、メディアや特捜によって簡単に殺すことができます」

    岩上「米国にたてつく政治家は徹底的に排除され、抹殺されると」
    山田氏「その通りです」

    岩上氏
    「メディアや警察官僚はなぜ動かされるのですか?」
    山田氏
    「メディアの収益の多くは広告です。例えば、電通など大手広告代理店が
    『こういうことを書けば広告料を絞る』と。
    実際に米国のCIAは「外交機密上、何兆円というお金を使える。
    締め上げることは簡単です。特捜部はもともとGHQから生まれました。

    私の同期にも特捜検事・特捜部長がいますが、
    みんな米国で研修を受けてくるんです」

    岩上氏
    「どうして米国からの締め付けが、
    近年急激に強くなってきたのでしょうか?」

    山田氏
    「ひとつは広告料に頼ってきたメディアの
    変化もあるでしょう。

    それと、小沢一郎さんをはじめ、官僚社会を変えようとした
    動きに霞ヶ関の官僚が危機感を覚えて
    、さらに米国と一体となって、自分たちの
    住みやすい世界(天下りをする世界)に戻そうと
    する力が大きく動いた、としか思えません」

    岩上氏
    「今後どういう社会になるのでしょうか?」

    山田氏
    「韓国を見ればわかります。すでに国民皆保険をやめました。
    株式会社の医療が出てきた。韓国はすでに米国の属国になったんです。
    韓国はISD条項で訴えられています」

    「TPPに入ると、国家主権が損なわれる。しかし、韓国の農民は抵抗しました」

    (山田氏は、豚を育てて出荷すると一頭につき
    日本円にして約一万円の赤字になる、という数値を示し)
    「(韓国の)畜産は7割が廃業です」
    と衝撃の数値を語った。

    さらに、韓国側が唯一勝ち取った聖域である
    「コメの関税」についても、
    「2014年から段階的に撤廃していきます」と説明し、「韓国は農業を捨てたのです」と慨嘆した。

    岩上氏
    「デモで2人死んでいます。日本はどうか? 政権交代したとたん、JAもTPP反対の声を上げなくなった。なぜですか?」

    山田氏
    「条件闘争に入ったのではないか・・・戦後最大の危機だと思います。
    戦争によらずして米国にすべてを降伏してしまう。これは黙っておれません」

    岩上氏
    「今回の参議院で、全国比例から出馬しようと決意したのは?」

    山田氏
    「…誰か一人でも、本当のことをいって戦わなけ
    ればいけないと思いましたね」

    岩上「手応えはどうですか?」

    山田氏「結構、みんな(農業関係、畜産関係者など)
    が動き出してくれました。
    TPP反対は、私一人が言い始めたことでした。大臣のとき、閣議で大喧嘩しました。それからすぐ大臣を辞めるんですが今だから言っていいでしょうが、岡田克也外務大臣が言い出したんです。仙石官房長官が『開国なくして座して死を待つつもりか』と言うんです。それが始まりです」

    「今回、命懸けて戦うと覚悟を決めて、北海道から沖縄まで(まわってきました)」

    「ドイツが原発をやめようとしたら、スウェーデンから
    訴えられました」

    「TPPと脱原発は根っこが一緒なんです。米国にやらされている、踊らされているんで・・・

    「かつて、私が民主党の執行部のある人に『なぜあなたたちはここまでTPPをやろうとするんだ?』と聞いたら、『国の安全保障のためだ』と言いました」

    本当は経済的メリットは何にもない。

    メディアが、安全保障の面で中国の脅威を煽り立てる。
    日中間の貿易量は減り、米中間の貿易量はぐんと増える。米国と中国は裏で手を取って笑いあってますよ」


    仮に日本と中国が戦争になったら、米国が守ってくれるか。安全保障のためにTPPをやるというのは理屈が成り立たない。

    政府は日本を米国に売っているんです。
    官僚も一体です」

    インタビューの最後に「今回、覚悟をして戦います」
    と今回の選挙に出馬した理由を語った。

    「これから日本がどうなるのかと考えると
    放っておけない」と述べ、
    「まだ民主党の中にも自民党の中にも、
    TPPに反対している人がいる。

    そういう人たちをまとめて、一本にして、
    旗を私に振らせていただきたい。

    命を懸けてこれから戦います」と力強く決意
    を語った。

    以上



    TPP推進の構図は、米国から命令されアメ(利益や利権)とムチ(メディアを使った抹殺)のサンドイッチでTPP反対派を押さえ込んでいる。
    日本の国益を考えた候補者に一票を投票しましょう。

    「TPPは、世界政府樹立プロセスである」と言う陰謀論が、真相論へ変化しますね。



    以上引用お仕舞


    ***日本が属国になってしまうのか???
    国民の覚醒が無ければお仕舞です。
    選挙権を行使してこの国が優しい国となって行く事を切に願う・・。





    | 自然の摂理 | 09:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://master-blog.zouroku-an.com/trackback/1439760