RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

蔵六庵・所長日記

蔵六庵の所長が綴る日々の事柄。
<< 2013年09月12日のつぶやき | main | 2013年10月5日のつぶやき >>
引用せずには居られなかった・・・。
0


    引用せずには居られなかった…ブログ〜



     □■□■【反骨の元外交官が世界と日本の真実をリアルタイム解説】
    ■□■
    □■  天木直人のメールマガジン2013年10月5日第739号
    ■ 

     =============================================================
     
      これは大手新聞が富裕者側に立っている事を示す象徴的な記事だ
      
     =============================================================

     9月30日の日経新聞「時流地流」というコラムに、「リニアかなな
    つ星か」という見出しの要旨次のような記事があった。

     すなわちその記事はJR東海がルートを発表していよいよ現実的なも
    のになったリニア新幹線と、JR九州が10月15日から運行を始める
    豪華寝台列車「ななつ星」を対比して次のように書いている。

     40年前の1973年、一世を風靡した標語に「せまい日本そんなに
    急いでどこへ行く」というのがあった。そんな古い標語を思い出させて
    くれたのがリニア新幹線だ。それと対極にあるのがJRの「ななつ星」
    だ・・・物質的な豊かさを追求する「リニア型」か、それとも精神的な
    幸福に重きを置く「ななつ星型」か。リニアが走り始める2027年の
    日本社会は、果たしてどっちが優勢だろうか・・・

     私はこの記事を読んで驚いた。

     リニア新幹線が効率を最優先するビジネス向けの乗り物であることは
    日経の記事の言うとおりだ。

     しかしななつ星の定員はたったの30名。3泊4日で九州を巡るその
    旅行代金は一人最高55万円という乗り物だ。それでも予約が殺到し来
    年6月まで完売しているという。

     いずれも国民の多くが求めている乗り物ではない。

     2027年の日本に求められるのはリニアでもななつ星でもない。

     安くて安全な国民の輸送手段だ。

     メディアの視線は常に一般国民の側に向けられなくてはいけない。

     日経新聞が書くべきは2027年にはそのような輸送手段がどう充実
    されているかである。

     このような記事を書いた森普也と言う記者も、このような記事を平気
    で掲載する日経新聞も、紛れもなく勝ち組の側に立っている(了)。


    以上引用お仕舞。


    ***上記ブログは真理を付いたものではないでしょうか!!!
    真に国民が望んでいる物はこのようなものでは無い、今国民が望んでいるのは
    衣食住全てに優しさが溢れた社会なのだ、摂理反した生き方を望んではいないのです。




    | 自然の摂理 | 12:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://master-blog.zouroku-an.com/trackback/1439789