RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

蔵六庵・所長日記

蔵六庵の所長が綴る日々の事柄。
<< お祭りですね・・・。 | main | 減築の薦め・・・とリフォーム・・・減築の発想! >>
癌の原因は寄生虫!
0
    ねこってさんのブログを転載!!!

    肝臓洗浄を開発したのが
     ハルダ・クラーク氏というカナダの生理学者です。
     どうやら、
     「ハーブでガンの完全治癒(The Cure for All Censers)」という
     既に絶版になっている著書の中でこの肝臓洗浄を紹介しているようです。
     この本はアメリカではベストセラーになっているとのことです。


     ガンの原因とされている喫煙や飲酒、食生活の偏りなどは誘因に過ぎず、
     実際はプロピルアルコール(化粧品などに多く使用されている)が
     存在する人体において、
     腸内にいるはずの寄生虫が別な場所で繁殖する結果ガンになると主張しています。

     彼女は医師の資格なしにガン患者を治療したことからの逮捕を避けるため、
     現在はメキシコで医療活動を続けているといいます。



     ガンの原因が寄生虫とは、珍説と思われるかもしれませんが
     治療実績の多さから、むげにその考えを否定するのは間違いだと思います。
     でも、本当だとすると、
     清潔好きな現代人が、自分は寄生虫にまみれて生活していたとは、
     ちょっと驚きと共に、皮肉です。

     どうも現代に於いても、貧血の原因となる?虫の感染者も多ようですし、
     癌の原因であると主張されている吸虫類は生焼けの焼き鳥1本
     あるいは、生焼けのハンバーグを食べただけでも感染してしまうそうです
     更に、偏頭痛の原因は、脳に寄生する責線虫であったり。
     また、喘息患者は肺に回虫がいるからだと言っています。

     寄生虫は化学汚染を好み、その科学物質に汚染された体を
     寄生虫が住処として増殖してしまうことにより、
     ガンなど様々な治療不可能な現代病を生み出しているということのようです。


     彼女のいうには、そういった寄生虫(肥大吸虫や、吸虫類)を駆除すると、
     ガンは増殖できなくなると言います。


     どうも、本来の、肥大吸虫や、吸虫類の住処は、小腸だったらしいのです。
     ところが、小腸が弱り、肥大化することで、
     小腸の壁を突き抜けて彼らが血管の中に入ってしまった。
     さらに、ガンはどこに発生するかに関係なく一つの病気に過ぎず、白血病を含め、
     寄生虫駆除用の黒クルミ、ニガヨモギ、クローブを使うことで治癒できる
     と述べています。

     この小腸が弱ることによって血液が汚くなっているという見方は、
     千島学説や、ソマチッド理論、ホメオパシーにも見られます。

     そういう点では、
     ガンを治すことができる治療法に共通した見方がそこにあるような気がします。


     大部分の寄生虫の駆除には5日、
     プロピルアルコールも使用を止めてから5日程度で体内からなくなるとのことです。
     そしてはじめて体はガンからのダメージ回復を開始することができるというのです。


     予防接種の薬害の他、様々な薬品、人工添加物が人体に与えている影響を考えると
     私にはプロピルアルコールだけが原因だとは思わないですが、
     現代医学にない面白い視点だと思いました。
     そんな訳で、私もひとつ、肝臓洗浄をやってみようと思います。
     結果はまたそのうちに報告します。


     現代のほとんどの人は自分の体の中に寄生虫がいるとは思っていないと思います。
     寄生虫も、本来居るべきところに住み着いている内は悪さをしないのだと思います。
     ところが、様々な薬剤を摂取することで、
     現代人の腸は、様々な有害物質によって疲れ、慢性的な炎症状態にあり、
     それにより、腸が膨れて、細胞から異物が体内に侵入しやすくなっている
     と考えられます。

     これらの文章を読んで、
     氏が言うように、プロピルアルコールは血管に入り、肝臓に溜まった寄生虫の活動を
     活発にする要因になっているのかもしれません。
     にしても、寄生虫を追い出しただけでは、
     一時的な解決にしかならないような気もしました。
     とは言え、かなり強力なデトックス法と考えられます。

     さしてお金もかからないので、まずは、これをやった上で、
     ホメオパスにかかったりしながら根本体質を改善していくのが
     良いのではないかと思いました。



    「ハーブでガンの完全治癒」紹介
    http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Icho/1931/index.html#1

    がん治療への挑戦、がんの根本治療への道
    http://xn--mckxhw97ou9h.seesaa.net/category/3313187-1.html

    癌は不治でも何でもない。
    http://abundantlife.blog76.fc2.com/blog-category-14.html



     ちなみに日本ではニガヨモギ、クローブ、は簡単に手に入りますが、
     黒クルミは簡単に手に入りません。
    http://www.healingterrace.com/products/walnutetc.html
     で、マザーチンキを手に入れようと思っています。
     ついでに、ニガヨモギ、クローブ、も売っているようです。



    ***西洋医学の癌三大治療法だけではない事を知りましょう・・・。




    蔵六庵/しみずゆうじ
    電話 0742-41-6972(アトリエ)
    FAX  0742-41-6918
    Email: yuji-shimizu-kura@nifty.com(PC)
    所長ブログ
    http://master-blog.zouroku-an.com/admin/
    公式HP
    http://zouroku-an.com/


    住宅セミナー孟宗竹の不思議体験も行っています。熱伝導率の高い竹炭板からでる遠赤外線が氷を一瞬にして溶かす様が不思議不思議不思議です、実際の目で体験ビックリして下さい。相談会を毎週土日予約制で行っています。気軽に体験にお越し下さい。 

    蔵/しみずゆうじ





    | 病は家から | 07:34 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    生物学的療法
    基本は、がんと闘うためにあなたの体の中で自然に発生する物質を使用して、より機能する免疫システムを支援することで動作し、このエキサイティングな治療法について学ぶ。

    骨髄移植
    サポートおよび骨髄、末梢血の幹細胞、臍帯血移植患者への情報提供。

    化学療法
    化学療法の治療薬や副作用に関する情報。処理プロセスとOncoLink Rxの化学療法薬のシートを教えるのリストの概要が含まれています。

    臨床試験
    ツールは、彼らが対象とすることができるの調査研究を評価するために、がん患者に力を与えるために。含まれていますOncoLink/患者が模索し、そのがんの治療のための臨床試験を考慮し奨励するサービス、マッチングEmergingMed臨床試験。

    補完医学
    ガイドでは、ヒントや治療の警告ハーブ、ビタミン、化学品、ダイエット、瞑想、マッサージ、鍼、ボディマインド療法などと同じように補完代替医療の領域を移動するために。

    遺伝子治療
    研究者は、免疫システムを高め、がんと闘うために身体の自然な能力を向上させる試みで、この最先端の治療を使用しようとしている方法をご覧ください。

    一般的な処理の懸念
    あなたのがん医療チームと通信する方法、あなたのケアについての情報に基づいた意思決定を上の医師からのヒント。
    | ロバキシン&#160; | 2011/02/16 10:24 PM |










    http://master-blog.zouroku-an.com/trackback/931827